So-net無料ブログ作成
検索選択

フリーザトーン・今日のつぶやき(251)~(260)をまとめました! [音楽]

フリーザトーン・今日のつぶやき(251)~(260)をまとめました!

(251)楽器用アンプに主に使用される12AX7ですが、これは米国系規格の呼称です。同じ規格でECC83がありますが、これは欧州系の呼称です。この他、12AX7の高信頼管である7025や5751、軍仕様のCV4004があり、同様に互換性があります。

(252) 昨日は、12AX7/ECC83についてつぶやきましたが、今日は12AT7です。12AX7よりローゲインでリバーブ回路によく使用されます。12AT7はECC81、6201、CV4024の呼び方があります。

(253) 昨日は、12AT7/ECC81についてつぶやきましたが、今日は12AU7です。12AT7より更にローゲインです。12AU7はECC82、6189、CV4003の呼び方があります。

(254)最高峰と言われるMullard(ムラードまたはマラード)製の人気のECC83には文字の印刷が白色と黄色があります。昔、イギリスエンジニアに聞いた話ですが、テスト後、性能が上には白、中には黄、下はシルクを入れずOEM製品となったそうです。

(255) 楽器用に使用される12AX7、12AT7などのプリ管の名称をご紹介してきましたが、プリ管の中には回路が二つ入っています。プリ管を動作させるためには、ヒーターに電流を流して熱する必要がありますので、パワー管だけでなくプリ管も熱くなります。

(256)検討に検討を重ねて、最高の物を!と思って製品を完成させても、しばらく経つと、欠点が見えてきて、まだまだ完成にはほど遠い。簡単には完成品を作れない物です。

(257) アンプやエフェクターのツマミ(ボリューム)の位置は、機器の設計によって異なりますので、センター位置を基準に考える必要はありません。あくまで、音を耳で確認しながら設定していきます。

(258) 人間の耳は結構だまされやすく、例えば低音域が十分に出力されている場合でも、高音域が強く出ている時は、低域が出ていないように感じます。人間の耳は比較に対しては敏感ですが、絶対的な量を把握する事に対しては、弱い傾向があります。

(259) ディレイタイムの設定は、曲のテンポが基本になり、そのテンポに合わせて4分や符点八分などディレイタイムが決まります。フレーズによっては、そのタイム丁度に合わせてしまうと、他の楽器と合わさって聞こえずらくなります。
ディレイの音が聞こえにくいと、ディレイのレベルを上げすぎてしまい、フレーズがさらに聞こえにくくなってしまいます。これを避ける為、ほんの少しディレイタイムを長めにすると、ディレイのレベルが小さくても聞こえてくるようになります。

(260)バッテリーの使用期限は重要です。テスターで電圧を測り電圧が問題ない場合でも、実際にエフェクターに接続し使用すると、電圧が下がってしまい正常に動作しない場合があります。眠っているバッテリーを使用する際は使用期限を確認しましょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。