So-net無料ブログ作成
検索選択

SUGIZOさんの最新ギターシステム紹介(4) INPUTセクション [楽器機材]

今回は、SUGIZOさんの最新ギターシステム紹介(4) INPUTセクションです。

プラグ.JPGとにかく重要なのがインプットセクション。ここが駄目だと、後で補正したくても無理が出てきます。
ギター本体のジャックに接続されているのは、フリーザトーンで独自に開発したプラグとケーブル。プラグは、CU-6550LNGに使用されているプラグです。ケーブルは、ソルダーレスケーブルCU-416を使用しています。ワイヤレス用ケーブルに、この組み合わせを使用することで、サウンドクオリティーがかなり上がります。とにかく良いサウンドにするには、ギターに近い場所からスタートしなければなりません。






2012_11150162.JPGワイヤレスの受信機はSHURE製。
合計4チャンネル分が用意されています。
すぐ下にあるのが、カスタムで製作したインプットセレクターです。ワイヤレスレシーバーからの出力を1つ選択し、エフェクターセクションに信号を送ります。4つの入力がありますが、それぞれの入力はバランス入力になっていて、インプットレベルを調整することができます。トランスミッターやレシーバーでもレベル調整をする事ができますが、トランスミッターを複数のギターに兼用する際には、このレベル調整が重宝します。また、簡単にギターの出力レベルを変化させたときのサウンドの変化を確認する事ができます。
各インプットのレベル調整ボリュームの右隣には、トグルスイッチがあります。このスイッチは、各インプットのON/OFF/SELの3つの選択を行います。ONにする事で、各入力のミックスをする事もできます。SELに設定しておくと、右側のセレクトスイッチで入力をワンタッチで選択することができます。曲間のギターチェンジは素早く行う必要があります。選択したいインプット番号のプッシュスイッチを押すだけで、そのインプットが選択され、今まで選択されていたインプットが解除(OFF)されます。
また、このインプットセレクターには、D.I. アウトやチューナーアウトも装備しました。考え得るフル装備です!

インプットセレクターの下にあるのがPMS-16U、MIDIで制御するために使用するコントローラーです。ARC-3から送られてきた、MIDIプログラムチェンジナンバーを受け取り、その番号に記憶されたプリセットが呼び出されます。そのプリセットにストアされたエフェクトループのON/OFFやアウトプットのON/OFF情報が呼び出されます。このPMS-16Uのコントロール信号は、メインラックの左隣に設置されているペダルエフェクターが載ったボードに接続されます。このPMS-16Uがアンプの手前に接続されているエフェクターすべてのON/OFFをコントロールします。また、各アンプに出力するラインも同時にコントロールします。

次回は、PMS-16Uでコントロールされるエフェクターセクションについてご紹介いたします!



nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 3

YMNc

ワイヤレス用のケーブル(50cm前後?)の販売予定はありませんか?
もしくは、今回の記事にあるようなケーブル自作は通常の半田ありのケーブル自作と同じようにやるのでしょうか?
by YMNc (2013-03-15 19:46) 

林 幸宏

YMNcさんへ

ワイヤレス用のケーブルは、プロミュージシャンにはカスタムで製作していますが、一般向けにはまだ予定していません。今後のラインナップとして検討させていただきます。

記事のケーブル製作は、ハンダ付けしています。変更する可能性がある、ペダルエフェクターの配線以外はハンダ付けしています。
by 林 幸宏 (2013-03-17 22:22) 

YMNc

お忙しい中、ありがとうございます!
市販や受注生産などでの実現、楽しみにしています。
by YMNc (2013-03-19 18:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。