So-net無料ブログ作成

SUGIZOさんの最新ギターシステム紹介(3) [楽器機材]

SUGIZO and HAYASHI.jpgSUGIZOさんのシステム全体の構想は、なかなか頭の中でまとまりませんでした。複雑に配線し機材を増やせば、機材の組み合わせが簡単にできるようになり、信号の流れとしては完成するのですが、機材を増やせばシステムが巨大化し、音質劣化を防ぐ為の回路もどんどん増えることになってしまいます。最初のプランは非常に大きなシステムで改善が必要でした。

何度もSUGIZOさんのギターテックをしている辻さんと打ち合わせを行い、あーでもないこーでもないと何通りもプランを出し、検討しながらアイデアをまとめて行きました。その中で一番画期的なアイデアが、写真のエフェクターが載ったボードです。

DSC07603.JPGもともとラック内に引き出しを用意し、その中にペダルエフェクターを入れる予定で、更にエフェクターをつなぎ込むセンドリターンユニットも、ラックユニットにしてラックマウントする予定でした。それだけで10U~12Uのスペースが必要になります。とても小型化できる仕様ではありません。

そこで写真のようにペダルボード上にセンドリターンユニットを載せ、その上にエフェクターを配置する構造にしました。つなぎ込む直列のループ数は12個で、設置する際はアンプラックの上部に置かれます。

またアンプへ分岐するアウトプットセレクターユニットもラックマウントする予定でしたが、このユニット内部に4出力のアウトプットセレクターを組み込みました。こうする事で、電源を含めると通常は13U~15U位必要なラックスペースを、このボード内に組み込む事ができました。

このサイズに納める為に、エフェクター用センドリターン回路は新たに設計し、小型化を行いました。もちろん小型化する事による音質の妥協は無しです。

このセンド&リターンユニットは、各ループにセンドレベルとリターンレベルを調整する機能が付いています。エフェクターとギターやアンプとの相性は、レベルによる相性がかなりあります。レベルを微調整することで、エフェクターに対してベストなレベルで信号を送り出す事ができます。また、レベル調整によってS/Nを良くすることも出来ます。一般的にスイッチングシステムは、ユニティーゲインでエフェクターをオン/オフするものが多いのですが、今回は完全特注システムですので、全てのループにレベル調整が出来きるようにセンドとリターンの調整のノブを付けました。
また、このユニットの特筆する事項として、全てのセンド出力とリターン入力はバランスタイプになっています。アンバランスタイプのエフェクターであっても、バランスタイプのエフェクターであっても使用する事ができます。また、インストレベル、ラインレベル、両方に対応しています。言い換えると、市販されている全てのエフェクターに対応しているとも言えます。永くご使用頂く為に、設計段階から、さまざまな機材に対応できるための回路設計を行いました。

写真を見ただけでは分かりにくいかもしれませんが、実はこのボードがSUGIZOさんのシステムの核となっています。ボードの左側には、カスタムで製作した電源ユニットを配置しました。各フェクターに最適な電源を供給しています。この電源ユニットによってノイズレベルが低減し、サウンドも向上しています。

先日、リットーミュージックから発売になりました、拙著「ギタリストとベーシストのためのシステム構築マニュアル」を持ちの方は、172ページをご覧ください。SUGIZOさんのシステムの配線図が載っています。「CUSTOM 12 LOOPS and 4 OUTPUTS UNIT」と書いていある部分が、エフェクターの下に配置されたユニットになります。是非、参照してみてください。

次回は、インプットセクションについてご紹介する予定です。
つづく


ギタリストとベーシストのためのシステム構築マニュアル

ギタリストとベーシストのためのシステム構築マニュアル

  • 作者: 林 幸宏
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2013/01/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 17

Akimitsu

いつも楽しみにしてます(^-^)
SUGIZOさんの使用している、ボリュームペダルとワウペダルの細かい型を教えて下さい。junior~、cry baby~
よろしくお願いします。
by Akimitsu (2013-01-24 23:34) 

林 幸宏

Akimitsuさん
コメントありがとうございます。
ボリュームペダルはアーニーのJuniorで間違いありませんが型番は覚えていません。ローインピーダンスのタイプです。ワウは、CRYBABYのラックタイプのワウです。ググってみると出てくると思いますので、調べて見てください。よろしくお願いいたします。

by 林 幸宏 (2013-01-25 01:07) 

takahiro

ギタリストとベーシストのためのシステム構築マニュアル拝見しました。

すべてを自分のエフェクトボードに取り入れるのは難しいそうですが、なるほどと思わされることが一杯あり、これからちょくちょく何か行き詰った時に見返す機会が増えそうです。

自分はギター弾きですが、あえてあの本に入れる必要はなかったかもしれませんけど、林さんの場合多くのプロの現場に関わるミュージシャンとのやりとりが多いかと思いますが、その反面林さんの作り出す製品を買うもしくは期待している人々の多くは自分も含めアマチュアの方が多いと思います。

例えばアマチュアの方のエフェクトボードを取り上げて改善点を指摘してあげるとか、多くの練習スタジオやライブハウスにあるであろうローランドのJC-120のようなアンプとFree The Tone製品とのセッティング例やちょっとしたコツをこのブログ等を通してやっていただくと有意義でしょうし、より林さんの製品の良さや利便性も多くの方に伝わるような気がします。

2月発売予定?の電源タップ(正式名称知りませんが)期待して待っております。
by takahiro (2013-01-26 21:59) 

jagdrive

「システム構築マニュアル」昨日購入して、2時間で全部読んでしまいました(笑)。入力&出力インピーダンスの解説はイラスト付きでとても分かりやすかったです!

私もSUGIZOさんに憧れて、昨年MAXONのPDM-1を購入したのですが、直列に繋ぐと音の劣化が激しく納得いかなかったので、BOSSのLS-2のループに入れて、lehleのバッファー&ブースターでレベルを目一杯上げてからPDM-1に繋いでLS-2でもブーストしてやっとアンプ直と近いバイパス音になったかな?という感じで使ってます。

最新のSUGIZOさんのセンド&リターンユニットもレベル調整できるということなので、PDM-1に送る信号もレベルを上げているのでしょうか?

最後に、ジャンクションBOX市販してくれないかな?と思っていたら販売予定なのでかなり驚きました!
by jagdrive (2013-01-27 00:23) 

林 幸宏

takahiroさんへ

コメントありがとうございます。
本を書いたのも、プロの現場で培った内容を一般の方にも知って頂きたかった気持ちがあります。今後、フリーザトーンで開発する多くの製品は、プロの方むけだけでなく般の方の事を考えた製品になります。
takahiroさんのご要望は、大変役に立つ内容になると思います。使う方の立場に立った情報の発信を心がけたいと思います。今後も遠慮なく感じられた事、コメントください。

電源タップは、3月末から4月上旬の発売予定になりそうです。
今後もよろしくお願いいたします。
by 林 幸宏 (2013-01-30 23:40) 

林 幸宏

jagdriveさんへ

コメントありがとうございます。
本をご購入いただき、ありがとうございます。

PDM-1のご質問です。確かに音痩せしますが、レベルに関しては1:1で上げたり下げたりはしていません。そこまでレベルを上げないとダメという事は、故障している可能性があると思います。

ジャンクションボックスについては、昨年10月に発売予定をしていたのですが、いろいろあって延び延びになっていました。タイミングがあって良かったです。

今後ともよろしくお願いいたします。

by 林 幸宏 (2013-01-30 23:45) 

jagdrive

お忙しい中、回答ありがとうございました。

私のPDM-1は故障してたんですね(笑)。再度確認してみたところ、OUT1とOUT2でも音量が違い、結局アンプのヴォリュームを4目盛くらい上げないと、アンプ直と同じ音量になりませんでした。

古いモノなので、こんなものかな?と諦めていましたが、思い切って質問して良かったです。

確かにこのエフェクターでしか出せない音がありますので、早速修理に出そうと思います。

ありがとうございました。
by jagdrive (2013-02-01 22:45) 

寿限無


前から思っていた素朴な疑問なのですが、プロが使うラックシステムっていくらくらいかかるのでしょうか?(もちろん使用する機材によって大きく変化すると思いますが)

100万円から200万円くらいが多いですか?

ラックシステムってなんか憧れるんですよね(笑)
スイッチがいっぱいだと男心をくすぐられるといいますか・・・。

大まかな回答でもいいのでよろしければ教えてください。
by 寿限無 (2013-02-03 09:59) 

林 幸宏

寿限無さんへ

ラックシステムは、根強い人気があると思います。予算的にあえば、入手したい方も多いと思います。
ラックシステムは、本当にピンキリです。カスタム品を用意することなく、すべて持ち込みで組む場合は、10万円前後の場合もあります。
カスタム品製作がある場合は、300万円を超える場合もあります。

by 林 幸宏 (2013-02-12 00:07) 

ゆうた

カスタム品とは、オリジナルのモノでしょうか?

気になります。
by ゆうた (2013-02-22 16:55) 

Jおじ

お久し振りです。
遅まきながら「ギタリストとベーシストのためのシステム構築マニュアル」
読み終わりました。重宝する便利な1冊になりそうです。

個人的な希望としては、システムのチェックリストとかサウンドチェック時の
注意点とかもう少し増やして欲しかったです。

by Jおじ (2013-02-24 10:04) 

林 幸宏

ゆうたさんへ

カスタム品とは、特注品の事で、世の中に一つしかないオリジナルの物の事です。ミュージシャンのご要望に応えるために、一つ一つ新規に設計して製作します。

by 林 幸宏 (2013-02-24 20:50) 

林 幸宏

Jおじさんへ

ご購入ありがとうございました。
今回は、深いところまで突っ込む事は紙面の関係でやりませんでした。
また第二弾の話が来ましたら、もう少し突っ込んだところまで書こうと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします!
by 林 幸宏 (2013-02-24 20:53) 

PAG

本を購入させて頂きました~
熟読しています!

突然の質問で失礼しますが
SUGIZOさんの機材で紹介されている
「CUSTOM 12 LOOPS and 4 OUTPUTS UNIT」
のそれぞれの出力の部分
(A-Out B-Out...)は
すべて同じエフェクトがかかった音が行っているのでしょうか?
by PAG (2013-03-27 05:29) 

林 幸宏

PAGさんへ

はじめまして。本、読んでいただいてありがとうございます。
ご質問の内容ですが、すべてのエフェクト・ループを通過した後、出力部があります。A, B, C, D-OUT、すべて同じポイントからパラレルで出力されています。全てのアウトから同じ音が出ているという事になります。
by 林 幸宏 (2013-03-29 23:00) 

NBTS-T

こんにちは!

TwitterやFacebook、こちらのブログや
先日発売されたマニュアルブックと、ご活躍の方伺っており、大変参考になる貴重なお話に毎回感謝しております。

自分も皆さんと同じでSUGIZOさんに憧れギターを始めた身なので、このブログやマニュアルブックで取り上げていただき、とても嬉しく思います♪


そこで質問なのですが、SUGIZOさんがワーミーを使用する際、デジタル臭さのない音でとても驚いています。

特にI for Youのソロ終盤辺りなど、ワーミーを使わず普通に1オクターブ上で弾いているのではないか…と感じる音のですが、そういった部分も含め、ワーミーを使うにあたり、何かSUGIZOさんから出音に対し要望なのどはあったのでしょうか?

お教えいただけたら幸いです。
by NBTS-T (2013-03-31 11:23) 

林 幸宏

NBTS-Tさんへ

メッセージありがとうございます。
SUGIZOさんに1年半くらい前にカスタムで製作したアウトプットセレクターのサウンドクオリティーを非常に気に入っていただけましたので、昨年製作したフルシステムも同様に同じクオリティーでというリクエストがありました。信号の流れが長くなりますが、しっかりとした設計を行う事でサウンドクオリティーをキープできたと思います。

ワーミーに関しては、レベルの補正ができるようにというリクエストが個別にありました。
by 林 幸宏 (2013-04-07 14:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。